第2章 会員

(会員の種別)
第6条 この法人の会員は、次の4種とし、鷹匠会員・正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という)上の社員とする。
(1) 名誉会員この法人の精神的支柱として活動を支える個人(名誉会長・会長・代表顧問・顧問・名誉会員)
(2) 鷹匠会員正会員であり、この法人により諏訪流鷹匠の認定を受けた個人
(3) 正会員この法人の目的に賛同して入会する個人
(4) 賛助会員この法人の目的に賛同して、資金協力を行う個人及び団体

(入会)
第7条 会員として入会しようとする者は、理事長が別に定める入会申込書により、入会金及び会費を添えて、理事長に申し込むものとする。
2 理事長は、前項の申込があったときは、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
3 理事長は、第1項の者の入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)
第8条 会員は、総会において別に定める、入会金及び会費を納入しなければならない。ただし名誉会員は入会金及び会費の納入の義務を有しない。

(会員の資格の喪失)
第9条 会員が次の各号の1に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1) 退会届の提出をしたとき。
(2) 本人が死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は会員である団体が消滅したとき。
(3) 継続して1年以上会費を滞納したとき。
(4) 除名されたとき。

(退会)
第10条 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

(除名)
第11条 会員が次の各号の1に該当する場合には、理事会の議決により、これを除名することができる。
(1) この定款に違反したとき。
(2) この法人の名誉を傷つけ、又はこの法人の目的に反する行為をしたとき。
2 前項の規定により会員を除名しようとする場合は、議決の前に当該会員に弁明の機会を与えなければならない。

(拠出金品の不返還)
第12条 既に納入した入会金その他の拠出金品は、返還しない。